スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『はやぶさ』帰還カプセル 
12月17日(金)・18日(土)・19日(日)の3日間、地元にあの小惑星イトカワを往復した『はやぶさ』の帰還カプセルの実物が展示される――
ということで、昨日娘達と行って来ました。

午前中は幼稚園の行事だったので、早めにお昼を食べてから12時半頃自宅を出発。
科学館でまずはやぶさのプラネタリウムの予約を取り(15時が一番早かった…)、それまでの間自由に館内を散策。そしてプラネタリウムを見たら即アクトの展示イベントホールへと移動して帰還カプセルとご対面――但し1時間待ちで、17時~17時25分の枠で何とか見ることが出来ました。

プラネタリウムははやぶさがまだ宇宙を航行中に作られたものだったので(以前に放映されたやつだと思う)、まだその結末は完全には紹介されてなかったのと、すごいドラマ仕立てになってたので、私には少し抵抗がありました……^^;
だけど、展示場横のスクリーンで流れていたドキュメンタリーはものすごく良かったです><
帰還カプセルを切り離した後のはやぶさが流れ星のようにきれいな光の帯になり、そして消えていくその瞬間はやっぱり見ててすごい!というか辛いというか……
宇宙のこととかほとんど知らないけど、それでも今回の実験がどれほどすごいことなのか、大変なことなのか、ということが少しはわかったような気がします~
はやぶさ
すいません、上手に撮れなかった><
こちらは大学生作のはやぶさの実物大レプリカだそうです~こんなに小さいのにもの凄い偉業を成し遂げたなんて、本当にすごいなぁとただただ感嘆のため息。。
カプセルなどは撮影禁止なので、じっくりこの目で見てきましたよ。かなり小さいものでしたが、焼け焦げてたりとかして、大気圏突入の過酷さを物語ってました。

それなりに混雑してて疲れましたが、貴重な経験ができて良かったと思います。
そして、浜松科学館――久しぶりでしたが、色々な設備があって楽しかったです~^^
 

秘密にする

 
トラックバックURL
http://miyonekos.blog97.fc2.com/tb.php/756-35baa107

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。